リスタートタケウチ スタッフブログ

2022.11.22

そのネズミ駆除は本当に必要ですか?

近くの建物を解体したことでネズミが戸建とアパートに移動してきたようなので一度見て欲しいと依頼がありました。

詳しく事情を聴いてみるととある業者に調べてもらったところ天井裏、ブレーカー付近にネズミのラットサインがあると言われたそうです。

ラットサインとはネズミの通り道となっているところが黒く汚れるものでネズミが侵入している証拠となるものの一つです。

その業者は調査の結果天井裏と外壁の侵入口の周りにもラットサインがあると写真を提示しネズミの形跡も確認したので駆除作業をしましょうという提案をしてきたということです。

それを不安に思ったお客様は当社に相談してみたということでした。

早速その写真を見せてもらいました。確かに黒くなっているのは分かりました。

しかし30年近くネズミ駆除の実績のある当社が見た限りではホコリで黒くなっているだけのただの汚れでそれはラットサインではありませんでした

しかも決定的だったのはだったのはネズミのフンが見当たらないということでした。

通常、天井裏や部屋などにネズミが侵入している場合は必ずネズミのフンが残されているものなのですが今回はそれが一切見当たりませんでした。

ネズミ駆除の業者は多数います、しかし良く確認もせず駆除を勧めてくる業者や不安を煽り、必要のない高額な駆除作業を勧めてくる悪質な業者もいます。

もしも、他社でネズミ駆除が必要と言われたら一度、ネズミ駆除30年の実績がある当社にセカンドオピニオンとしてお気軽にご相談ください。

皆様の立場に立って本当に駆除作業が必要なものなのかどうかを見極めさせていただきたいと思います。